メカBlog(仮)

世界選より

帰ってまいりました。
スタート前DSCF3551.jpg

やはり世界選は普段のレースとは全く違い、いろいろ難しいです。

今回はアンダーがいなかったので通常より仕事量は少ないとはいえ
段取りを組んで会場へ行ったり、少ない駒をうまく動かさないと
大変なことになる。(自分がやったわけではないが…苦笑)

去年は初めてだったので本当に大変だった…


イタリアチームなどはエリートのチーム、アンダーのチーム、女子のチームと
分担されているしスタッフの数も違うしね・・・

その中でも無事問題なく終えることができた。
DSCF3589.jpg



このあとは10月10日の帰国のまでの残りのレース&帰国準備

もうすぐシーズンオフ

早かったような長かったような

明日は山下帰国 

スポンサーサイト

明日から世界選♪

今回、正式参戦ではないのですが
陰ながらバックアップさせてもらえるため
北イタリアのヴァレーゼへ

で、うちのチームより井上和郎とステファン・イストロフ(ブルガリア)
の2名が出場!!

なので明日朝一でステファンを連れてヴァレーゼ行きます。

今年は1月にシクロクロスの世界選の運転手兼メカサポート
7月にはマウンテンの世界選の運転手兼通訳
で今回ロードの世界選…?

しかもすべてイタリア開催

これでグランドスラムか?(笑)

今年はいろんなことやってんね…

VaffanCOLA

ばっふぁんこーら♪
わかる人だけ笑ってください(爆)
イタリアのこういう所大好きです♪

Giro Di Basilicata終了

無事に帰ってきましたが今回もいろいろありました…
途中のORVIETO


初日に落車リタイヤ、せっかくイタリアまで来て1レースも出来ない
しかも前歯1本折れてしまい親が見たら悲しむだろうと思いきや
もう次のレースの心配、フレームが逝ってるから組み替えなきゃとか
自分の心配をしろ!と一喝。いい根性してます。
トップチューブが…
落車直後も顔面血だらけでこの自転車にまたがって走りだすところは大物か?
スペアバイクで走らせたが血が止まらず見た目が悪すぎるため
近くにいた外人選手もかなり心配してた。レース後も数人あいつは大丈夫かと聞きに来るぐらい。

とりあえず途中の補給所で強制的に止めさせ病院送りに…

その日のレース後は病院行ったりホテルに戻ったり
本人も大変だろうが周りの人間も大変。

いろいろ検査した結果、他は問題なし。ある意味走れてたかも(苦笑)


初日の朝
この写真、初日のスタート前。撮っといてよかった(苦笑)

受付監督会議
これは前日のレース受付&会議
後ろの垂れ幕がちょっと斜めってるのがイタリアっぽい(笑)

スタート前
スタート前、ジュニアはギヤチェックがあり、そのままスタート地点に並ばされる。
チェック後は交換できないように何かあっても戻ってこれない。

スタート前にどこかの監督が゛日本人に気をつけろよ~(笑)゛と
聞こえてしまいちょっとカチンときた。

が、結果的に逃げに乗ったり上りでも切れてこなかったり
最終日には下りで落車したやつが最後3人で逃げ
前2人にはいかれてしまったがなんと3位でフィニッシュ!
足を痛めていなかったら…
手伝いで来てもらっていた友達のイタリア人も認めてた。
そいつ曰くあと2レースあれば勝っててもおかしくないぐらい日に日に良くなっていたと。

スケジュールの都合上このレースのみ。しかも3日間。

時差もあるしヨーロッパのレースにも慣れてないやつらが3日間でここまでできるなら
もっといい環境で1カ月ぐらいやらせてあげられれば面白いだろうな~

大盛り
こんだけ食えるのも若い証拠か?ウェイターも面白がって山盛りで持ってくる。

で、無事レースも終わり飛行場へ行く前にご褒美のローマ観光
IMAGE_642.jpgバチカン
自分は3年連続5回目ぐらいだったか?
さすがにもー感動はない(苦笑)

彼らを飛行場に送り届け終了!ではなくそこから家までの長い道のり
レースのホテルから空港経由で900km

さすがに疲れたのか今日1日ダウンしてしまった。

明日から本業のNIPPOの遠征の為の準備。

そして・・・

これから…

ジュニアのナショナルチームの遠征のサポートの為
イタリアのくるぶしあたりで行われる
”Giro Di Bacilicata”に出発します。

選手らはローマ着なのでローマの空港経由で
レースホテルまでトータル900kmの道のり

今回で3回目、3年連続です。

初年度は個人的なトラブルで大変な思いをしたレース

無事に終われるかちょっと心配…トラウマが…

カミオン

カミオンの点検
点検中IMAGE_537.jpg

エンジンはこんなです
エンジン

ちょっと問題が見つかったので整備工場送りになりました。 



前回のレースからこれを運転する人が来てくれてるので助かります。

日本でも大型を運転したことがないのに(教習所ではもちろん!)
外国で運転すること自体かなり気を使います…
こっちのルールもあるし、トラッカー同士の暗黙の了解的なものもあり
長距離は特に疲れます。
シーズン初めにイタリアのつま先まで徹夜1000km一人は
かなりきつかった…

ただその恩恵として中型のトラックや運転しにくいキャンピングカー
が全然苦になりません(苦笑)

ま、遠征にこれがあるなしではやりやすさが断然違い
非常に便利。

真ん中の部屋には洗濯機、乾燥機、冷蔵庫、冷凍庫
あとは壁一面の収納スペース

後ろは自転車が15台分?ホイルサポートがいっぱい(笑)
積めます。
いっぱ~い

北海道に向けて

本日、マッサー宮島さんが日本へ向け出発しました。

ここ数日、カズオ、ジュンヤと立て続けに帰って行ったので
今、この街に日本人は山下と自分のみ…

シーズン当初のにぎやかさ、中盤にはほぼ全員がそろい
日本人密度がかなり濃かった。

それを考えるとかなりさびしくなってしまった・・・

この家は自分1人、選手の寮はマリウスと山下のみ

シーズンも終わりが近づいてきたな~と感じる今日この頃。

宮島さん
(ちょっと後姿がさびしい宮島さん)

このあとの予定はワンデー2つ、その後ジュニアのナショナルチームの遠征で
バジリカータというレースへサポートで行く予定。イタリアのくるぶしの辺。

FC2Ad